読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぷつきません

おなかがでてきた。もうたぷついてるやん。

YosemiteでEclipseにPATHが渡されなくなった件

Marvericsで使えていたlaunchdが死んだ。
で、DockやFinderから起動したアプリに /usr/local/bin のPATHが通らない。

しばらくはこのあたりのやり方で回避出来てたんだけど、ちょっと前だかのYosemiteアップデートでとうとうそれも死んだ。

自分はEclipseからの外部実行で色々叩けるようにしている(たとえばFirefoxのAdmin SDKでブラウザ拡張をmvn内のantrunからビルドしたり)ので不便極まりない。

おこだよ激おこ。←死語

んで、そういえば元々自分はEclipse複数起動したい人なので、
MultiEclipse.app というのを作って使っていた。
2度めのEclipse起動は、すでに立ち上がってるEclipseがアクティブになるだけなので、ワークスペース毎に起動したい時に便利っす。

そいつの実体は只のシェル

#!/bin/sh
open -n /Applications/eclipse/Eclipse.app

なので、このopen前にPATH仕込めばいいじゃん!って結論になった。

というわけで、MultiEclipse.app のインストーラ置いときますわ。
Multi Ecplise.pkg

入れたら、

vi /Applications/Multi\ Eclipse.app/Contents/MacOS/multiEclipse

で、以下のように修正すればOK。

#!/bin/sh
export PATH=/usr/local/bin:$PATH
open -n /Applications/eclipse/Eclipse.app

openの中身はkeplerでもlunaでも自由にEclipseの実パスにしてくださいな。