読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぷつきません

おなかがでてきた。もうたぷついてるやん。

gdata-java-clientのmvnリポジトリへのデプロイ

 gdata-java-clientのバージョンが上がるたびにルーチンワークになっているのでシェルを作った。
 gdata-java-clientのバージョン、デプロイ先のURL、settings.xmlに記述している認証のidを渡すと、ダウンロードして全てのライブラリをソースも含めてデプロイするところまで一気通貫でやってくれるようにしている。

 gdataライブラリはREST-APIのバージョンで個別にファイル名が管理されているが、gdata-java-clientのバージョンがあがると異なる動作をする(ソースが違うので当然と言えば当然)ので、articactIdは、APIバージョンまで含めている。要するに、

  <dependency>
    <groupId>com.google.gdata</groupId>
    <artifactId>gdata-calendar</artifactId>
    <version>2.0</version>
  </dependency>

ではなく

  <dependency>
    <groupId>com.google.gdata</groupId>
    <artifactId>gdata-calendar-2.0</artifactId>
    <version>1.43.0</version>
  </dependency>

のように引っ張るようにしている。


Macでしか動きませんが何か。

追記(11/07/13)

dependencyがなー。