読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぷつきません

おなかがでてきた。もうたぷついてるやん。

UiBinderの国際化手順、ちょっと無いわー

 UiBinderの国際化手順は、こちらにあるが、はまって数時間悩んだ。
以下のようなui.xmlを用意する事で...

<ui:UiBinder xmlns:ui="urn:ui:com.google.gwt.uibinder"
    xmlns:g="urn:import:com.google.gwt.user.client.ui"
    ui:generateFormat='com.google.gwt.i18n.rebind.format.PropertiesFormat'
    ui:generateKeys="com.google.gwt.i18n.rebind.keygen.MD5KeyGenerator"
    ui:generateLocales="default">
    <g:HTMLPanel>
	<ui:msg description="my app greeting">
	Hello,
	</ui:msg>
    </g:HTMLPanel>
</ui:UiBinder>

こんなpropertiesファイルが生成されるはずだったのだが...

# Generated from katochin.gwt.test.client.TestBinder1TestBinder1UiBinderImplGenMessages
# for locale default

# Description: my app greeting
70FEBC419840FFAB3C91C81E9134E375=Hello,

それが全く生成されない。オチは、検証用のUiBinderのCompositeが、エントリーポイントからnewされていないからビルドされないコードになっていたためだった。モジュールのsourceコードに含まれるものを全てJSにするわけではないんですね。気づかなかった。

それにしても、無理矢理ですね。この手順。-extra 出力パス でコンパイルして吐き出されたディレクトリには、rpcLogやらManifestsやらsymbolMapsやらsoycReportやらがあって、まずこいつ等は何かから気を掛けてしまう。
プロパティファイルを見つけて、その中からdescriptionがコメントとして一致するものを見つけて(これも見つけやすいように他のでdescriptionと被らないように付けておかないとならないでしょう。)、com.google.gwt.i18n.clientというなんと固定のソースパッケージにLocalizableResource_ja.propertiesを置いて、そこで全ての画面のMD5キー名のコピーしてきて対応するってことをしないとならない。
 かろうじて国際化ができるようにしているだけの対処で、スマートさのカケラも無い。ui:msgで、keyなんか人が指定したら同じパッケージだから他の画面とぶつかる可能性があるからMD5でやっているってことだよね?どんだけー。
 まあ、なんとか出来て良かった訳だけれども。UiBinderにしたことで国際化できなかったら、それこそ作り直しだし。